農業土木

照査外水位って?

こんばんは。

 

今、排水機場の業務にて樋渠の設計に携わっています。

 

樋渠の耐震検討にあたり、「照査外水位」と言うものを設定する必要が出てきました。

 

なんぞそれ?と言うことで調べてみると以下の通り。

※国土技術開発センターHPより

(http://www.jice.or.jp/tech/material/detail/7)

 

「河川の平常時の最高水位」か「津波を考慮した水位」のどちらか大きいほうで設定するようです。

今回のケースでは、海に近い場所ではないため「河川の平常時の最高水位」を求めることとなりました。

 

では、「河川の平常時の最高水位」を求めるには?

 

よく読むと、同じHP内にある

『「水文統計ユーティリティ」というソフトを使っても良い』

なんて記載がありました。

 

しかし、ソフトの使い方を見ても使い方がよくわからず。。

 

そこで、知り合いの方に「照査外水位」について聞いてみたところ、

『その河川ごとに決めているのでは?』

との答えが。その場合は発注者に確認する必要があります。

 

もし、新しく設定するなら、新規業務として扱えるかもとのこと。

 

ということで、発注者に確認して無事解決。

知っている人がいなかったら、よく分からないソフトと格闘するところでした。

 

知っているって絶対的に優位ですね。

何事も経験かと思いますが、、いやー勉強になります。

気に入ったらシェアお願いします!